2009-04-19

2009 AUTOBACS SUPER GT 第2戦 KEIHIN SUZUKA 2&4 RACE [RACE Live Comment]

カテゴリー: SUPER GT — Sei5.Hirota @ 13:39

・レースフィニッシュです
[52]
・このままSCランでレース終了の模様
[51]
・300も遅れてスタート
・再度SC先導でラップスタート
[50]
・残り2周
・安田は救急車で運ばれる
・ホームストレート上で本来の順位の隊列に戻します
・レースを止める
・33-7-46-11-43-81
・38-36-12-1-6-18
・鈴鹿のこけら落としレースは、とんでもない状況になってきた
[49]
・3号車、安田はコクピットから降りれない
・さすがに、これはレースを止めるべきでは
・BOMEXが白煙を上げながら
・とんでもない状況だ、
・SCコースイン
・しかし、シケインで接触しているのは事実
[48]
・130R のあ
・レイブリックもコースオフ
・8号車、130R からシケインで大クラッシュ!
・鬼神の走りでトップに出た!
・西で背後につく、シケインアウトからシケイン飛び込む、接触!
・とんでもない、予想外の展開になってきた!
・完全に火のついた立川、そして、待ち構えていた寿一
・こうなると、38号車絶対に36号車を狙ってくるはずだ、レクサス対決!
[47]
・シケインで38号車が1号車をパス1!!!!
・立川とトレルイエが接触の危機!
・36号車が一気にパス!
・おかしいぞ1号車
・GTRに迫るSC2台! レース終盤にドラマがあるか
・そして、1号車に36号車が迫る! どうしたトレルイエ!
・38号車が36号車に迫る
[46]
・3号車が8号車をパス、スプーンでコースアウトだ、たくった!
・33号車ペースを戻した
[45]
・300、7号車が33号車に迫ってきたぞ、逆転はあるのか?
・立川鬼神の走りだ
・30号車再び逆バンクでスピン!
・立川1分57秒1のペース、寿一はどう立ち向かうか?
[44]
・立川凄いペースで36号車を追い立てる!
・12号車に100号車が迫る、フィリップこれ以上のポジションダウンは避けたい
・36号車と1号車の差は10秒
[43]
・立川、一気にペースアップだ!
・一気に200Rで並び、スプーンで前に!
[42]
・100号車8号車のNSX勢は38号車からは離れる
・30号車がグラベル
・500の3番手争いは依然デットヒート、38号車は12号車を攻略できない!
[41]
・むしろ見たいのは11号車81号車の辺りか
・7号車はウェイト無関係だな、たぶん、ここは無理に前を追わないだろう
・300は33号車が依然トップ、2番手の7号車とは6秒差
・1号車と36号車の差は13秒、36号車と12号車の差は6秒
[40]
・500の3番手集団に3号車も迫ってきた
[39]
・38号車が失速、100号車が迫った、その背後には8号車_!!西ストレート!
・12-38-100-8超だんご状態! 抜かれる300もたまったもんじゃない!
・伊沢、魅せることができるか?
[38]
・8号車が100号車に追いついてきた
・立川いけるか? いけないいけない、そして100号車細川も迫る
・38号車は前にも後ろにもバトルをこなす、これは凄いドライビングだ
・36号車も逃げられる状況ではない模様
[37]
・立川再びフィリップに迫る
・300に詰まった立川に、細川が迫る
[36]
・そして立川に100号車細川が迫る
[35]
・西ストレート、真後ろに、シケインここは守る
・立川、12号車に迫る
[34]
・81号車2号車をパス!
・300 33-7-46-11-43-2、33と7の差は6秒
・38号車、再び12号車に迫る
[33]
・1号車と36号車は10秒以上の差
[32]
・3号車は、8号車の後ろでコースに戻る、これは順位を大幅に落としてしまった
・2号車81号車の前でコースに戻る
[31]
・3号車ピットイン、
・2号車ピットイン
・43号車に迫る11号車
[30]
・立川130Rアウトから一気に100号車を抜き去った!
・トップは3号車だがピットインが残っている
・38号車が100号車に引っかかる間に12号車は悠々前に
[29]
・38号車は100号車にも前に出られてしまう、西ストレートで100号車に迫る38号車
・36号車は全く見えない
・後半はブノア、28.2sec、これは速い!
[28]
・そして1号車がピットイン
・これは問題なく36号車が2番手
・一気に38号車をパス、12号車にも一気に迫る
・そして、36号車が来たぞ
・12号車が38号車の前に出る!
[27]
・38号車入ってきた、12号車も続く
・さあ、38号車はこの周に入ってくるのか?
[26]
・36号車32秒でピットアウト
・8号車17号車もピットイン
・36号車ピットイン、38号車はまだ
・36号車が38号車に仕掛ける!
[25]
・35秒、予想外に早い?
・33号車どのくらいで出られるか?
・33号車ピットイン
・むー、36号車前に出たい
[24]
・43号車ピットイン、81号車を逆転
・81号車ピットイン
・ロッテラー、迫る接近状態のままホームストレートへ
・130Rで行くか、シケインか?
・ライアン詰まったか? ロッテラーは以後につく
・ロッテラー、ライアンに迫る、前方には300集団が
・38-36-12-3-100-8
・紫電2コーナーで19号車をパス! 8番手
[23]
・このまま1号車が逃げてしまうのか
[22]
・紫電、8番手の19号車に迫る
・24号車ピットイン
・2コーナーで仕掛けるがパスには至らず12号車が36号車に迫る
・ロッテラーが38号車の背後に入る
[21]
・17号車18号車がずるずると順位を下げている
・本山、残してきてたか
・1号車38号車に6.7sec差
[20]
・36号車が38号車に迫る、ヘアピンで背後につく
・1号車と38号車は5秒差
[19]
・1号車逃げ始めた、38号車を先頭にだんご状態、これは36号車行くか?
[18]
・39号車がピットイン
・デグナーでインに飛び込み一気にパス!
・むー、ポルシェのストレートの速さは手が着けられない、しかしインフィールドセクションで一気に迫る!
[17]
・紫電、9番手の26号車ポルシェに迫る
・1コーナー、エネオスが18号車のインに入れるが抜けない
[16]
・38号車と1号車の差が開く
・2号車は10番手までポジションを上げる
[15]
・500のトップ集団は変わらず
[14]
・33号車と81号車は10秒差、そこからさらに10秒話されて7号車以降の集団
・300、43号車ガライヤが46号車に迫る、先頭の33号車は依然独走
・500のトップは膠着状態。36号車は38号車に無理に迫らない模様
[13]
・500のトップが300のトップを抜いていく
・18号車はペースが上がらない
[12]
・100-17-8-18
・8号車が18号車をパス
・中団はNSX4台
[11]
・12号車が3号車をパス
・再び1号車に迫る38号車
[10]
・再度38号車が1号車を追う
・むー、ロッテラーここは38号車を攻める攻める!
[9]
・これで、38号車は前だけに集中できる、や、ロッテラーはそんなこと関係ないか?
・38号車に詰まった3号車を36号車がシケインアウトから豪快にパス!
・36号車3号車をパス!
[8]
・というかm、おりど大回転!!! その間まっもとに戻るか
・19号車74号車に抜かれてる! 井口ーーー!!
・ライアンが再度迫る
・300が続々と登場
・ロッテラー、この男はどこからでも行くから怖い
・36号車が3号車に迫る、3位争い
[7]
・ライアンも無理はしない
・130R牽制! 
・ここからが狙い所、ライアンどこで仕掛けるか
・300の周回遅れが500の先頭に登場
・87号車が逆バンクで砂に埋まる
・スリップに入る、アウトから、これは無理ライアン
[6]
・さあ、ライアン、また本山に迫る
・この二台がバトルをすることによって、3号車36号車が接近!
・今度は壱コーナー^、ライアンインからアウトから!!
[5]
・130Rで揺さぶる! ライアン、シケインでインを狙う! しかし、そこは本山、きっちりと牽制
・またもやスプーンで一気に迫る38号車
・東はGTR、西はSC
・これは、激闘が続きそうだトップ争い
[4]
・シケインで、インにマシンを振るライアン!
・38号車接近状態でスプーンへ、これは西ストレートで行くか?
・1号車に38号車が接近!
[3]
・紫電、さらに逆バンク、ダンロップで1台ずつパス!
・紫電既に2台をパス! 
・33号車激逃げ!
・19号車vs74号車、IS対カローラのトヨタ対決!
・12号車が36号車に迫ってきたか?
[2]
・36号車はどこで動く?
・38号車がペースを上げてきた
・エネオス再び24号車にバトルを仕掛けるが、1コーナーは24号車が前
[1]
・24号車がエネオスをパス
・1号車激逃げ
・33号車、余裕で1コーナー
・1号車綺麗に壱コーナーになだれ込む、上位陣は順位変動はない模様

・さて、スタートです
・紫電、ピットロードエンドに登場
・フォーメーションに出ます
・これは厳しい、紫電なんとかポイント獲得を目指してもらいたい
・紫電がまだガレージにいる、、、ピットスタート
・路面温度は東コース(新舗装)の方が高め
・気温22℃、路面38℃
・木下が開発したハンコックタイヤが通用するか、楽しみ
・とか書いたけど、たぶん、500の先頭集団には無関係かも。でも、300に関しては結構影響があるかも
・ポイントは前半と後半での路面の違いがタイヤにどんな影響を与えるか
・晴れですな、雨の心配は無さそう

2009-04-18

2009 AUTOBACS SUPER GT 第2戦 KEIHIN SUZUKA 2&4 RACE [SUPER LAP Live Comment]

カテゴリー: SUPER GT — Sei5.Hirota @ 14:29

・GT500、これは決勝が相当楽しみ。ホンダ勢は厳しい、実質的な戦いは1号車vs38号車、そこに36号車がどんな戦略で来るのか。こちらの本命は1号車で間違いないだろう。NSX勢は100号車が3号車や12号車を喰える所まで上がってこれるかに期待。
・GT300については33号車がどこまで逃げちゃうか、そして、それを阻止できるチームがあるのか。レース戦略的に考えると、7号車がどこまで上位に食い込めるか、それ以外のウェイト組19号車43号車がどの辺りに来るのかが楽しみ。ただ、本命は敢えて2号車と言っておこう。

・これは決勝が相当楽しみだ!!
・うわー、GTR-SC-GTR-SC-GTR
・1-38-3-36-12-17-100-18
・届かない! 本山ポール! 6年ぶり!
・38 1:53.733
・S3、+0.154
・S2、+0.160
・S1、+0.124
・38号車、そして立川、絶対に負けられない最多ポール男
・本山、なんて鮮やかなスーパーラップアタックだ!
・1-3-36-12-17-100-18
・1 1:53.487
・S3、-0.451
・S2、-0.419
・S1、-0.416
・まー、ここが大本命だよな
・1号車、なんと本山がアタック、なぜだ?
・すげー、クインタレッリ、、、ワークス勢に食い込んできたぞ
・3-36-12-17-100-18
・36 1:53.948
・S3、-0.010
・S2、-0.057
・S1、-0.068
・そして、36号車、ロッテラー、38号車1号車共にノーウェイト、これは超ガチンコだ!
・むー、クインタレッリは上回りたかったなぁ
・3-12-17-100-18
・12 1:54.124
・S3、+0.2
・S2、+0.003
・S1、-0.136
・12号車、次生
・3-17-100-18
・17 1:54.308
・S3、+0.350
・S2、+0.041
・S1、-0.023
・17号車金石、NSX勢ではベスト
・きたGTR、やはりNSXはキツイか
・3-100-18
・3 1:53.790
・S3、-0.54
・S2、-0.383
・S1、-0.202
・3号車、クインタレッリ
・100-18
・100 1:54.478
・S3、-0.131
・S2、-0.040
・S1、+0.006
・100号車、細川
・18 1:54.668
・18号車小暮
・GT500

・これは、ちょっと、、、
・33-81-7-2-46-43-11-19
・33 2:03.836
・ありえん、1秒近く速いやんか
・S3、-1.177
・S2、-0.690
・げげー、速すぎる!! かくしてたか、、、
・S1、-0.608
・そして、ラストアタック、33号車、ハンコックポルシェ! アタックは影山、しかし、このくるまフロントフェイスがかわういのぉ
・81-7-2-46-43-11-19
・2 2:05.757
・S3、+0.526
・S2、-0.464
・S1、-0.697
・そして紫電、来ましたよ、吉本が乗ることになって一気にチャンピオン候補、アタックは加藤
・81-7-46-43-11-19
・46 2:05.826
・S3、+0.452
・S2、-0.306
・S1、-0.359
・そして、チャンピオン46号車、アタックは星野
・まー、ウェイト乗ってないから当然なんだけど、かなりマシンを詰めてきたね
・81-7-43-11-19
・81 2:05.379
・きた、ダイシン!
・S3、-0.197
・S2、+0.327
・S1、+0.288
・青山王子は来てるのだろうか?
・こんどはオレンジのフェラーリ、81号車、アタックは青木、ここも面白いよね、ドライバーが抜群だし、っていうか、今年の300はホントにドライバーが実力派
・7-43-11-19
・11 2:06.493
・S3、+0.820
・S2、+0.310
・S1、+0.125
・そして、11号車。今年はフェラーリが面白いなぁ、タイムアタックは田中
・7-43-19
・19 2:06.754
・まー、ウェイト乗ってるからね
・S3、+1.178
・S1、+0.234
・きた、19号車IS、タイムアタックは片岡! もう、慣れただろうしね
・7-43
・7 2:05.414
・S3は0.746sec上回る、これはガライヤを上回るのは確実か
・S2は0.187sec上回る
・S1は0.002sec上回るタイム
・このくるま、テレビでもうるさいなぁ、、、
・次にセブン、谷口がアタック
・43 2:06.422
・無難にまとめてるね
・まずはガライヤから、新田がアタック

・TRACK 35℃、AIR 22℃
・300に関しては、19がどこまで上位に食い込めるかがポイント
・むー、38,1,36のトップ3か、、、やはりというか。NSX勢は17,100,18と3台
・GT500、18,100,3,17,12,36,1,38
・GT300、43,7,19,11,81,46,2,33の順
・F1中国GPと同時開催のため、細切れ的なコメントとなります

2009-03-26

MotorSports EXpress SNSを開設

カテゴリー: Infomation — Sei5.Hirota @ 12:03

 F1の開幕を目前に控え、MotorSports EXpressではモータースポーツファンが情報交換を行うことが出来るSNSを開設致しました。

http://sns.ms-ex.net/

F1情報のみならず各カテゴリーの情報を随時更新致しますので、よろしければご参加下さい。

2009-03-22

2009 AUTOBACS SUPER GT 第1戦 OKAYAMA GT 300km RACE【Live Comment】

カテゴリー: SUPER GT — Sei5.Hirota @ 13:48

300:19-43-7-11-74-2-46-30-31-26-87-81-5-55-808-666-111-66
500:24-18-8-12-17-38-32-100-35-6-36-3-1-21-39
[82]
・ダブル、アドバン! ヨコハマタイヤ、おめでとう!
・300のトップは19号車、折戸
・500のトップは24号車、荒
・ついにファイナルラップ!
[81]
・紫電がコースオフ
[80]
・24号車、序盤でトップを奪ってからまったく不安が無かったトップ独走だ
[79]
[78]
・38号車が6番手まで浮上
[77]
[76]
[75]
・300トップの19号車、43号車から逃げ切れそうだ
[74]
・81号車がタイヤバリアに突っ込む
[73]
・35号車が100号車に迫る
[72]
・雨はほぼ上がった模様
[71]
[70]
・100号車を一発でさした! 38号車7番手浮上!
[69]
・38号車が100号車に迫る
[68]
・さて、43号車どこまで上がってくるか
・しかし、折目にクロスラインでガライヤがセブンの前に出た
・ラップタイムが全く異次元の43号車が7号車を抜きあぐねる、やはりトップを走るマシンのオーバーテイクは容易ではないか?
[67]
[66]
[65]
・折目粘る!
・43号車が7号車の1秒圏内
・43号車が7号車の背後に迫るが、500のマシンに阻まれる
[64]
[63]
・43号車が7号車に迫る
[62]
[61]
・24号車と18号車は48秒の差、また、38号車は8番手までポジションアップ
[60]
[59]
・7号車は19号車の28秒遅れ、そこから10秒離れてガライヤ、しかしガライヤは4秒近い速いタイム、、、
[58]
・1コーナーで11号車をパス、43号車3番手に浮上
・43号車11号車の背後にピッタリ、しかし11号車平中も巧みにブロック
[57]
[56]
・トップの24号車と18号車の差は50秒後を越える、もはや24号車に死角は見あたらないか
[55]
・2号車がピットイン、さあ、高橋さんでどこまで粘れるか
[54]
・17号車もピットイン
・24号車ピットイン! 2番手までは1分以上の差、トップのままコース復帰できそうだ
[53]
・24号車もピットインか?
・19号車がピットイン
[52]
[51]
・24号車、依然ピットには戻らずトップ快走
[50]
[49]
・7号車ピットイン
・3号車がサンドトラップにはまる
[48]
・7号車19号車の1-2コンビは依然ノンストップ
[47]
[46]
[45]
・43号車ピットイン、リアカウル破損により修復作業に時間が掛かる
[44]
・1号車復帰、完全修復
[43]
[42]
・11号車がピットインし、3番手、2番手は19号車、トップ7号車
[41]
・雨はかなり止んだ、しかし、今後の展開は不明
・43号車11号車に追いつく
[40]
[39]
・24号車、18号車に追いつく、24号車はどこまでピットストップを伸ばすことが出来るのか
[38]
・24号車、依然ハイペースでトップを走行中
[37]
・1号車ガレージイン
[36]
・これは2時間ルール適用の模様
[35]
・18号車ピットイン
[34]
・2号車に43号車が追いつく、43号車大雨の中、猛追、4番手に浮上
[33]
・ランボルギーニのタイヤが脱輪!
・8号車ピットイン
[32]
・雨が急激に強くなってきた
・ピットインが始まる
[31]
・19号車がコースアウト! 7号車がトップに
・水しぶきが濃くなってきた
[30]
[29]
・16秒差でトップ快走の24号車、これは盤石か
[28]
・ガライヤ6番手まで浮上、その後も異次元の速さで追撃
[27]
・1号車、再び左フロントがガタガタしてきた
[26]
・そして2号車が11号車に急接近
・7号車が11号車の前に出た
[25]
・浅溝のタイヤではまっすぐ走れないような状況
[24]
・また、雨が強くなってきた
・19号車再びペースを戻す
[23]
・19号車のペースが落ちてきたか? 11号車が急接近
[22]
[21]
24-18-8
・1号車コースへ復帰、しかしこれで修復されたと言えるのだろうか?
・5号車サンドトラップへ
[20]
・1号車ピットイン、これは修復に時間が掛かりそうだ、、、ガムテープの補強で間に合うモノなのだろうか??
・18号車と8号車の感覚は開いた
・24号車トップ快走
[19]
・1号車にオレンジボールが掲示
[18]
・1号車はオレンジボールじゃないのか??
・38号車32号車にパスされ8番手までポジションを落とす
[17]
・8号車が18号車に迫る、24号車は5秒先
[16]
24-18-8-12
・43号車、ドライブスルーペナルティー
[15]
・11号車には7号車が迫り始めた
[14]
・ポールスタートの38号車は7番手、8番手の32号車にも迫られる状況
[13]
・19号車、最終コーナーで11号車をパス! トップに浮上
・24号車に徐々に出はあるが18号車が近づいてきている
[12]
・19号車が再び11号車に迫る
・アストンマーチン300のマシンに抜かれてゆく、、、
[11]
・43号車リアが流れ、周回遅れのマシンに接触! 大きく遅れてしまった
・18号車が24号車に徐々に迫る
[10]
24-18-
・そして、43号車は11号車も一気にパスし、トップに浮上
・浅溝タイヤを選択したZENT、為す術無し
・12号車が1コーナーでZENTをパス
[9]
・8号車がZENTを抜き3番手に浮上
・1号車にドライブスルーペナルティー、1号車の先ほどのダメージをおったまま走行を続ける
[8]
・19号車、攻めすぎ!!! コースをオーバーし、43号車に先行される
・43号車19号車に接触する勢いで攻める!
[7]
・19号車が11号車を攻め立てる、その後ろから43号車が隙を狙う
・8号車が35号車を攻めまくる、そしてパス
[6]
24-18-38-35-8-12
・アドバンタイヤ、かなりよい状況だ
・トップの24号車はぶっちぎり状態に
・100号車が1コーナーでクラッシュ
[5]
・300は11号車がトップ、19号車がそれに続く、
・36号車コース復帰も、これは厳しい、、、
・18号車が38号車をパス
・38号車はキツイか18号車にも攻め立てられる
24-38-18
[4]
・24号車がトップに!
・1号車もダメージは大きい、、、
・500、オリベイラが2番手! 1号車が36号車に突っ込む! 36号車はサンドトラップに
・レーススタート!
[3]
・SC入りました
・もう一周SCです
[2]
[1]
—–
・そして、今、雨が本降りになってきた、、、浅溝を選択した38号車36号車の運命や如何に
・15時ゴロから本降り雨の予報
・SCスタートのため、レーススタートのタイミングは未定
・フォーメーションラップスタート
・さて、いよいよスタートです、2009年の日本のレースが始まります
・SCスタートです
・おっと、浅溝に36号車がチェンジ、38号車も!
・300はフリー走行でコースアウトしてしまった19号車の状況が気になるけど、やはり本命は19号車。そこに43号車、7号車、46号車がどのように絡んでくるか。このコンディションなら2号車は外してOK
・500に関しては、38号車ガチ、スーパーラップをトラブルで終えてしまった36号車がどこまで追い上げてくるかがポイント
・とにかく難しいレースになりそうだ
・路面ウェット、深溝のウェットタイヤチョイスのチームが多そう
・気温16℃、路面温度16℃

2009-03-06

Honda Racing F1 Team、ブロウン・ジーピー・フォーミュラ・ワン・チームへ売却

カテゴリー: Formula 1 — Sei5.Hirota @ 10:02

 F1界にとってシーズンオフ最大の関心事であった、Honda Racing F1 Teamの売却が完了した。

Honda Racing F1 Teamの売却について
Hondaは、Honda Racing F1 Team(以下、HRF1)を、これまでHRF1のチームプリンシパルを務めていたロス・ブロウン氏に売却した。

売却先はかねてから噂されていた、ロス・ブラウンが新たに設立したチーム。MBOという手法をとっての売却となったが、ホンダにとって価値ある売却とは言えないものかもしれない。ただ、最悪のチーム消滅を免れたことはF1にとってよい知らせだと言えるだろう。

 チーム売却の完了により、はれて活動を始めることが出来るブロウン・ジーピー・フォーミュラ・ワン・チームだが、その前途は多難だと言わざるを獲ないだろう。他チームが既に相当量のテストをこなしているのに対し、チームはHondaのF1撤退宣言以降全くテストを行っていない。エンジンについてもメルセデスエンジンを搭載するようだが、それらを含めた開発を短期間で行わなければならないこともディスアドバンテージだと言えるだろう。もちろん、昨年のチャンピオンエンジンではあるが、マシンも含めポテンシャルを発揮するには相当な時間を要するはずだ。

 どちらにしても、この世界的経済危機の中、Formula1は20台のマシンが開幕戦のグリッドに着くことになった。

2008-07-27

2008 AUTOBACS SUPER GT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 【RACE Live】

カテゴリー: SUPER GT — Sei5.Hirota @ 14:04

・鈴鹿1000km、残念ながらここでもGT-Rは上がって来れないと推測。ウェイトの軽いNSX勢、1号車、17号車、100号車の辺りが本命か。GT300クラスは、7号車、26号車、そして、SUGOで惜しくもトラブルに見舞われた19号車辺りが本命。ウェイトを若干おろした77号車にも注意だ。

・GT500クラス表彰台、18号車うれしそうだ。今年こそチャンピオン争いの中心になりたい、GT-Rが沈んでいるここできっちり勝っただけに可能性は十分あるだろう。2位宝山SC、片岡からしてみれば十分速さを見せる結果となってよかった。そして、3位表彰台はこのレースで最も追い上げに成功したZENT SC、立川もライアンも全力で走りきった結果だ。ライアンもトヨタに移籍し、結果が欲しかっただけに後半に期待だ。ベストオーバーテイク賞は言うまでもなく、38号車ZENT SC! もちろんだろう! ベストポテンシャル賞は2位の宝山
・GT300クラス表彰台、3位の峰尾・坂本はうれしい初表彰台。2位青木・藤井も最後尾から追い上げに追い上げた表彰台。優勝新田・高木は一度は沈んだかと思いきや、きっちり勝利を勝ち取った。うれしい結果だ。ベストポテンシャル賞は81号車、十分それに合う走りだった。
・サーキットに雨が落ち始めた

・2号車危険行為で35秒の追加ペナルティ!! これで、2号車は10位へ、下記でチャンピオン争いについて書いたばかりだが、厳しい状況に、、、そして、31号車が3位表彰台

・GT300クラス。43号車が見事優勝、19号車に2号車が詰まったのが全てとも言えるがそれでも見事だ。2位の81号車、もはや何も言うことはない最後尾からの2位表彰台は素晴らしい結果だ。2号車、後半スティントで厳しい戦いを強いられたがきっちり3位表彰台、チャンピオン争いは激しさを増しそうだ。4位31号車、なんとか表彰台まで行きたいが一歩至らず。
・TAKATA 童夢 NSX危なげない走りで優勝、危なげなくはないか1号車に巻き込まれる寸前だっただけに、、、。2位35号車宝山クラフトSC、3位ZENT CERUMO SC、4位ECLIPSE ADVAN SC。トヨタ勢がきっちりと返してきた。GT-Rは8位の24号車WOODONE ADVAN Clarion GT-Rがトップ、24号車からしてみればベストの結果。鈴鹿耐久1000kmで、GT-R勢は巻き返すことが出来るか。18号車は激重の状態で、後半戦を戦う。

500: 18-35-38-25-6-100-39-6-24-17-36-12-22
300: 43-81-2-31-7-46-95-26-4-33-62-11-66-77-19-111-52
・43号車もtopでフィニッシュ!
・18号車トップチェッカー!
[81]
・18号車盤石!
[80]
・抜いた! 31号車、7号車をパス!
[79]
・31号車、7号車にテールテゥーノーズ
・紫電の右のドアが半開き状態
500: 18-35-38-25-6-100
300: 43-81-2-7-31-26
[78]
・ガライヤ、81号車との差を広げる
・18号車は安泰
・38号車は3番手!
[77]
・最終コーナー前、石浦をあっさり交わすライアン!
・31号車が7号車に迫る
・石浦のインにライアンm! 耐えた、石浦、残り5周
[76]
・サー、来たぞライアン、石浦耐えられるか?
・43-81が5sec差
[75]
・ライアン、再度石浦の背後
[74]
・再び、ライアンが石浦に迫る
・石浦の前にポルシェ、うーん、難しい戦いだ
・1コーナー、石浦押さえる、ライアン少しのスペースにマシンをねじ込む
[73]
・ライアン背後についた
・石浦失速、300に詰まった、最終コーナー
・ライアン、石浦を威嚇
・38号車完全に25号車においついた、石浦に迫るライアン
[72]
・フェラーリ、コースオフ! 紫電と絡んだ?
・おー、38号車が25号車に急追、鬼ライアン表彰台を奪い取るか
[71]
・6号車が100号車を交わす
500: 18-35-25-38-6-100
300: 43-81-11-2-95-7
[70]
・んー、2番手の81号車、43号車との差が詰まらなくなってきた
[69]
・しかし、これは2号車がインを閉めた為、ペナルティにはならないだろう
・フェラーリが1コーナーで2号車をパス、しかし、若干の接触が、、、
[68]
・2号車にフェラーリが迫る
[67]
・300クラスはトップ争い、3番手争いが熾烈
・500クラスはこれで膠着
[66]
500: 18-35-25-38-100-6
300: 43-81-2-11-95-7
[65]
・ガライヤはピットインが速かっただけに、後半タイヤがきつくなってきそうだ
[64]
・81号車のペースがすごい、43号車に9.5sec差だが、43号車より1秒近く速いペースだ
[63]
・18号車が押し出した訳じゃない、1号車のラインが行ってはいけないラインだったのか、、、
・しかし、伊沢、、、やはり若いな
・2号車を81号車が交わす、そして11号車フェラーリも2号車に迫る
[62]
・81号車に詰まった、18号車、それを交わそうとする1号車、しかしタイヤカスを拾ってコースオフ
・破片をまき散らす
・1号車アウトから、、、!!!1あああああ、クラッシュ!!!! オーバーラン!
・36号車S字でコースオフ
[61]
・むー、藤井みっちり背後へ、そしてそこに18号車1号車が、、、
・81号車2号車のスリップでストレート、アウトから並びかけるが2号車絶妙なライン取り
[60]
・81号車が紫電に並びかける
・2号車に81号車が迫ってきた、最後尾スタートにもかかわらず
[59]
・やばい、伊沢にスイッチが入ってしまった、残り周回を考えると、、、
・1号車18号車の背後、1コーナーアウトにマシンを振る!
[58]
・2号車の前に43号車が、紫電追いつけるか?
・ただ、ここでタイヤを使い切っちゃいかないぞ
・伊沢が18号車を迫る、マシンを左右に振るぞ
[57]
・紫電、どこに戻るか
・紫電ピットイン
[56]
・500、3番手以下はかなりばらける
500: 18-1-35-25-38-39
300: 2-95-62-43-11-81
[55]
・伊沢焦らない、ミスを狙う
[54]
・11号車フェラーリがピットイン、2号車はまだまだ引っ張る
[53]
・18号車の前に、次から次へと300クラスが
・伊沢、じっとりだ、でも、それでいい、急ぐ必要はない、相手が道上でもプレッシャーをかけ続けろ
[52]
・いつの間にか上位勢はNSXとSCのみに、、、
[51]
500: 18-1-35-25-38-39
300: 2-11-19-95-81-7
[50]
・19号車エンジンに火が入らない!!
・18号車に1秒差に迫る、1号車
[49]
・19号車ピットイン、ルーキー阿部どうだ?
[48]
・フェラーリも19号車を一気にパス!
・2号車激逃げ! 加藤、激逃げ!
[47]
・いった、馬の背から500を使って19号車をパス!
・19号車織戸みせてくれるなぁ、
・加藤のイライラ絶頂!!
・1コーナーで19号車の前に出ようとするが、ブレーキロック! フェラーリが迫る
・2号車が19号車に様々な仕掛けをするが抜けない、、、
・ハイポイントの辺りの霧はすごいなぁ
[46]
・12号車に10秒ストップペナルティ
・1号車の前には300と24号車、タイミングが悪い
・300のトップに18号車が
[45]
・39号車ピットイン、18号車がトップへ、1号車とは2.7sec差
[44]
・19号車のみピットが動き始める、まだまだ伸ばすのか
[43]
・トップ39号車、いつピットに入るのだ? 23秒差、18号車とは
[42]
・伊沢、無茶苦茶なペースで猛追、18号車の3sec遅れ、ただ、300が現れるとペースが落ちる
・紫電が19号車の背後に、しかし19号車速い
[41]
500: 39-36-18-1-24-17
300: 19-2-11-26-7-4
[40]
・500クラスはピットインする車が多くなってきた
[39]
・現在トップは39号車
[38]
・38号車ピットイン
・1号車にリアルが迫る
・伊沢やらかした! コースオフ、大量の砂を拾う、18号車を抜こうとした模様
・ISに2号車とフェラーリが迫るが、抜くには居たらず
[37]
・しかし、タイヤの暖まっている1号車が18号車に迫る
・18号車と1号車との差は開いた
・18号車ピットイン、1号車の30.6secに対し27.6sec! 早い!
[36]
・18号車もピット準備
・伊沢、ここは大事にいけ、大事にいけ
・くー、19号車に紫電が迫る!
・ファーマンから、伊沢へ、さー、またやらかしてくれるかな、2本交換でコースに戻る
[35]
・1号車、ピットイン準備、入った!
[34]
・43号車ピットイン、んー、スケジュールか? 8番手に落ちていただけに、トラブルか?
・2号車19号車のスリップへ
[33]
・38号車、いつの間にか36号車もかわし、35号車もパス! 5番手に浮上! 立川鬼だ!
・紫電が19号車に迫る、19号車ペースが上がらない
[32]
・19号車に2号車が追いついた!
・1号車18号車に1コーナー! マシン乱れる! んー、ファーマンのp気持ちはわかるが、ここはきっちりプレッシャーを
[31]
・39号車が36号車を交わした!
500: 18-1-25-35-36-39
300: 19-2-11-26-43-31
[30]
・1号車18号車に迫るんだがなぁ
[29]
・36号車に39号車が迫る、38号車はちょっと離れた
[28]
・19号車にジワジワと2号車が迫る
・2番手1号車と3番手25号車は11秒差
・しかし、1コーナー18号車が前! ファーマン、タイヤロック!
[27]
・1号車が18号車に一気に迫る!
[26]
・38号車が39号車に迫る、その前には36号車
500: 18-1-25-35-36-39
300: 19-43-11-2-26-31
[25]
・フェラーリが間に入り一息、いや、18号車の前には2号車!
・1号車インを狙う!
[24]
[23]
・トップ争いに300勢が再び、トップ争いは膠着、ミスればアウトだ
[22]
・1号車から25号車までは6秒差
・紫電がフェラーリもパス2番手! これは、、、
・18号車に1号車が迫る、テールトゥーノーズ
[21]
・43号車続けざまにユンケルにまで刺される
500: 18-1-25-35-36-39
300: 19-11-43-2-26-31
[20]
・1コーナーから2コーナーにかけ、紫電がガライヤの前へ、3番手浮上
・1号車は18号車に0.5差、どこで仕掛けるか
[19]
・そして、43号車には2号車が迫る
・フェラーリ、1コーナーでさす! 2番手へ
・フェラーリが43号車に並ぶ
・再び2番手ガライヤに、フェラーリと紫電、ユンケルが団子状態
・雨はギリギリ降らない模様
・38号車、最下位から7番手へ
[18]
・17号車ドライブスルーペな終了9番手
・1号車が18号車に急追
[17]
18-1-25-35-17-36
19-43-11-2-26-31
[16]
・紫電vsユンケル
・フェラーリvs紫電
・17号車ドライブスルーペナルティー
[15]
・19号車と43号車は3.5秒差
・18号車と1号車は3秒差、
[14]
・ユンケル5番手まで浮上
・19号車を18号車が交わします
[13]
・あー、義三号が、、、
[12]
・1号車に25号車が迫る!
[11]
・500のトップに300勢が
・6号車ペナルティ
・17号車防戦一方
[9]
・300に詰まる、リアルの背後にトムスが食らい付く
・リアルの背後にトムス、が迫る
・500 18-1-25-17-36-35
[8]
・イクリプスが、リアルをパス
[7]
・19号車一気に逃げ始めます
・フェラーリの後ろに紫電、43号車ブロックできるか
・19号車1コーナーで前! ガライヤ2番手
[6]
・19号車、はいポイントでインに並ぶ、が押さえるガライヤ、すごいバトルだ
・19号車、1コーナーでイン! ガライヤ押さえる! そして、その背後にフェラーリが
・ユンケルが31号車に迫る
・300トップ、43号車に19号車が迫る
[5]
・2番手の17号車1号車、そして、25号車、36号車、35号車が団子状態
・1号車、17号車を交わすか? 1コーナーでいん、17号車守る

[4]
・52号車のISがグラベル
・18号車逃げるなぁ、2秒差
[3]
・36号車、虎視眈々
・1号車が17号車に攻め込む、が交わすには至らない
[2]
・ただ、300勢はそれほどばらけていない
・2号車と31号車がバトル
・19号車にフェラーリが迫る
・300クラスは、ガライヤがトップ! IS落ちた
[1]
・18号車逃げます、17号車は1号車とバトル
・GT-Rきつい
・22号車、回った!! 
・リアルが1号車を牽制、隊列そのままで1コーナー
・スタート!!
・各車隊列を整え

・さぁ、スタートです
・怖いのは36号車、こいつらは何をしでかすのかわからない
・NSX3台、、、流石に、これを崩すのは難しいか
・ただ、路面はドライに近い
・けっこう、激しい霧
・各車ダミーグリッドを離れます
・エンジンスタート
・81Laps
・どうやら、スケジュールは10分押し
・国歌斉唱、いよいよスタートです
・ただ、予想外の低温なのでタイヤメーカーによって差が出るかも
・雨が降ってれば77号車の独壇場でしたが、、、
・雨は降っていない模様
・霧ですね「/「

2008-07-16

2008 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第5戦鈴鹿ラウンド 【レース後対談】

カテゴリー: Formula NIPPON — Sei5.Hirota @ 18:41

Sei5 : (17:57:58): というわけで、たまにはF1じゃなくってFormula
NIPPONの話題でも。先週は鈴鹿の2レース初開催でした、レースを観てみてど
うでしたか?

M : (18:00:16):
そうねぇ。最近のFポンは、追い越しが難しいマシンになっているのが今回のレ
ースで感じたところかなぁ。確かに同仕様のシャシーで、エンジンは異なるところ
もあるけれど、あとは微妙なセッティングぐらいなので、結構ドライバーの力量が
わかっちゃう感じがしましたね。コースの得意不得意もあるけれど。

Sei5 : (18:02:42):
結局、あの気温ではアグレッシブな展開はそれほど期待できないんじゃないか
なぁ。なんか、もうちょっとルール的なものも考えるべきだよね。日曜日の午前中
に第1レースで、午後の遅くに第2レース。なんか、インターバルが2時間じゃ回
復できないよ。しかも、3位までは記者会見で縛られちゃうし、、、あとでやれば
いいんだよあとでまとめて。でもって、第1レースで表彰台に乗ってもシャンパン
ファイト出来ないんだもんなぁ、、、。

Sei5 : (18:02:54):
というわけで、構造的な問題もあるけど、まずは予選から。って、予選はカットし
たのを送っちゃったんだよね、、、。松田次生の5戦連続ポールに一言。

M : (18:04:37):
これはすごいね。F1でもなかなか出来ないことだけれど、次生の今年の勢いが
そのまま出ていましたね。特に2番手に約1秒の差をつけるって結構同様のマシ
ンのわりには驚異的な気がしますが・・・

Sei5 : (18:06:03):
そうなんだよね、なんというか完全に今年は松田次生ショーなんだよね。予選で
、あそこまで速さを見せつけられるのは、FN最強パッケージのインパルだからっ
てのもあるけど、トレルイエがはまってるから余計に次生の速さが目立ってる。
小暮は残念ながらチームが微妙に乗り切れていないみたい。

Sei5 : (18:06:16):
で、第1レース。もはや、何も言いますまい、松田次生最強。

M : (18:08:44):
本当最強だね。一人旅でしたね。本来対抗馬であるトレルイエや、小暮などが
次々と置いていかれる状況になってしまっていたから、こりゃどうにもならない感
じがしたね。ただ、近藤レーシングも比較的いい位置で検討していたような気も
しましたが、それにしても、今年の初めにPIAA中嶋がインパルの対抗馬になる
はずだったのに、未だに対抗馬すらならない感じもしますが、今年はもう難しい
のかなぁ?

Sei5 : (18:09:44):
たぶん、後半になればと思ったんだけど、今年は8戦しかないからね、、、鈴鹿
で浮上できなかったのは痛恨です。第2レースは確実にデュバルが取ると思っ
ていたのに、伏兵平手が行っちゃいましたね。

Sei5 : (18:10:03):
という感じで、第2レースの話題。平手が早くも優勝。これは、あれですよ

M : (18:13:17):
第2ヒートも、本山がぶっちぎるかと思っていたら、じわじわついていた晃平が、1
30R出口で一発で決めたオーバーテイクが勝因でしょうね。なかなかベテランの
インにあのシチュエーションで入れるところが、いかにも晃平の持ち味なのかもし
れませんね。併せてデュバルも本山を抜いてうまく前に出てましたが、ほとんど
が、晃平のオーバーテイクと序盤戦の本山の走りにつきますね。

Sei5 : (18:15:58):
本山はやれることをやりきったね、でも今のルマンでは表彰台が精一杯。まだま
だ、チームの調子をトップに持ってくるには時間が掛かるね。スタートで、デュバ
ルが一気に行くと思っていただけに、ちょっと意外だった。あの、レース直後のク
ラッシュがなければ展開も違ったかもしれないけど、やっぱ本山は優勝できなか
っただろうな。でもって、それ以外の追い抜きが全くない展開は、ビミョーだった


M : (18:18:18):
やっぱり第1ヒートの2ヒートのインターバルの時間が問題なのかなぁ?やはり暑
いなか、戦っているわけだから、鍛えているとはいえ、もう少し第2ヒートの開始
時間に配慮がいるのかもしれないね。やっぱり、体力的な問題で追い越しも結
構無理があったのかねぇ?

Sei5 : (18:19:02):
まぁ、鈴鹿だからってのもあるけどね。富士だったら結構がんがんに追い抜きが
見れるんじゃないかなぁ? というわけで、富士でのレースに期待ですよ。

Sei5 : (18:19:10): さて、他に気になったドライバーはいますか?

M : (18:21:43):
今回は、あまりキレが良くなかった小暮かなぁ?本来の自信が失われているの
かもしれないけれど、次生を基準に考えると、かなり置いてけぼり感が伝わって
きます。それと、ARTAの不振。今回は第2ヒートの件もあったけど、かなり酷いレ
ースですね。あとは、上位を占めた外国人勢。特にロッテラーの安定振りはプロ
ストのような感じを受けますが・・・

Sei5 : (18:23:06):
ロッテラーはドライビング的にはマンセルだね、無茶苦茶。でも、GT程じゃないけ
ど。でもって、ARTAはどうしちゃったんだろね? 亜久里が復活して気合いが入
っていただろうに、、、。

M : (18:23:46):
ドライビング的には確かにね。そういわれたらそうかもしれない。

Sei5 : (18:26:30):
でも、ロッテラーも悩んでるよ。次生との差があまりにありすぎるから、、、。本気
でチャンピオン取りたがってるからね、ロッテラーも。今、次生が60でロッテラー
が44。16ポイント差はきついなぁ、、、。実質今年のチャンピオン争いはこの二人
に絞られたんじゃないかな。次生がリタイヤでもすれば、3位の平手36ポイントと
4位のデュバル34ポイントまでが圏内かな。でも、さすがに平手は取りこぼしが
でそうだしなぁ。今はとにかく次生がポールでスタートみすらなければ第1レース
は全部もって枯れちゃう気がする、、、。

M : (18:28:21):
そうなるね。次戦のレース展開で、今年のFポンの方向性が決まるかどうか大き
く作用しそうだね。ただ、次生の勢いはそう簡単には治まりそうもないから、この
まま次生で突き進んでいく感じもしますが・・・

Sei5 : (18:31:25):
で、トレルイエがあんな感じだから、インパル勢第三の男、平手に勝手に期待し
たい。なんというか、予選ポールもいけそうな気がするんだよね。もはや、国内の
ドライバーじゃ次生には抵抗できないイメージが。その点、平手は無茶苦茶しち
ゃうだろうから。正直、平手は今年さっさとFNでチャンピオン取って、F1に上がり
たいんだよね。たぶん、トヨタはFNチャンピオンでも、トヨタ本体にステップアップ
させると思うんだよね。そういう意味では、平手のライバルは国内のトップドライ
バーじゃなくってGP2の可夢偉なんだよね。でも可夢偉散々だからなぁ、現時点
では。そんなこんなで、平手のモチベーションは凄まじい。なんとか、チャンピオ
ン争いして来期のトヨタのテストドライバーの座は得たいはずだよ。

M : (18:34:17):
そうなってくると、晃平も一旦TDPからははずれているとはいえ、ここで、力を見
せ付けたら、F1への道も十分でしょうね。次生の年齢を考えると、晃平はまだま
だ若いから、可能性は十分だし、本人もFポンにライバルをおいていないのかもし
れないね。ひょっとしたら。もっと先を見ているに違いないかもしれないね。

Sei5 : (18:36:57):
いや、TDPのママなんだよ平手は。FNだから外れたのかと思ったけど、全然そ
んなことは無かった。しかも、結構FNで速さを発揮してるから、これはF1に一番
近いのは可夢偉じゃなくて平手なんだよ。平手は次生を倒すことが出いれば完
璧。とにかく、予選、決勝共に一度は競り勝っておきたい相手だろうな。なんちゅ
ーか、平手がロッテラーを全然相手にしてないってのがすごいんだよね。ホント、
今時の若者で無礼な感じなんだけど、その才能はすごいよ。なんとか、来年F1
に潜り込ませたい。GP2に戻るのは無意味だしね。。

2008-07-13

2008 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第5戦鈴鹿ラウンド RACE 2 Race Live

カテゴリー: Formula NIPPON — Sei5.Hirota @ 15:51

・正直、次生のオーバーテイクショーが観られると思ったけど、鈴鹿ではそう簡単にいかない。結局、リバースグリッドでの並び順優位で進んだレースでした。なので、富士SWではちょっと違う展開が観られるのかもしれない。本山が一気に2台に抜かれたのは残念だ。でも、流石と言わせるレースをしたと言えるだろう
・平手、デュバル、本山、ロッテラー、オリベイラ
・横溝、小暮、次生、クインタレッリ、ストレイト、荒、立川、ブノア、金石、吉本
・平手初優勝!! これはうれしい!
[20]
・動きは無いようだ
・平手、ファイナルラップ
平手-2.9-デュバル-1.9-本山-0.8-ロッテラー-0.6-オリベイラ-1.0-横溝-0.2-小暮-0.5-松田
[19]
・小暮、横溝を攻略に掛かるが出来ない、西ストレートで再びスリップ
・残り2周、ロッテラーは本山を攻略できないか?
平手-2.4-デュバル-2.5-本山-1.0-ロッテラー-0.5-オリベイラ-0.4-横溝-0.3-小暮-0.5-松田
[18]
平手-2.0-デュバル-2.4-本山-0.9-ロッテラー-0.3-オリベイラ-0.5-横溝-0.5-小暮-0.4-松田
[17]
・平手逃げる、デュバルついて行けない
平手-1.6-デュバル-2.0-本山-0.7-ロッテラー-0.5-オリベイラ-1.0-横溝-0.3-小暮-0.5-松田
[16]
・西ストレートでスリップ、小暮
・小暮が横溝を横溝を!!
・平手のペースがいい、これはぶっちぎるか? デュバル、なんとかせよ!
平手-0.9-デュバル-1.4-本山-0.7-ロッテラー-0.4-オリベイラ-0.5-横溝-0.2-小暮-0.6-松田
[15]
・小暮、横溝を攻略できず、、、。
平手-0.6-デュバル-0.6-本山-0.4-ロッテラー-0.6-オリベイラ-0.7-横溝-0.4-小暮-0.4-松田
[14]
・平手、本山を130Rで! そして、デュバルも一気に本山を攻略
本山-0.3-平手-0.6-デュバル-1.4-ロッテラー-0.6-オリベイラ-0.6-横溝-0.5-小暮-0.4-松田
[13]
・平手、再び本山に迫る
・こりゃ次生はとりあえず待っておいて、前がつぶれるのを待った方がいいな、だれかやっちゃうだろうから
本山-0.4-平手-0.7-デュバル-1.0-ロッテラー-0.5-オリベイラ-0.6-横溝-0.3-小暮-0.7-松田
[12]
・8番手まで行列
本山-0.5-平手-0.3-デュバル-1.0-ロッテラー-0.8-オリベイラ-0.6-横溝-0.4-小暮-0.5-松田
[11]
・小暮が横溝に迫る、そして松田も詰まる
本山-0.3-平手-0.6-デュバル-1.3-ロッテラー-0.5-オリベイラ-0.6-横溝-0.5-小暮-0.4-松田
[10]
・平手、テールトゥーノーズ
・これでは、次生はノーポイントだ
本山-0.4-平手-0.9-デュバル-1.0-ロッテラー-0.8-オリベイラ-0.4-横溝-0.5-小暮-0.5-松田
[9]
・本山はどこまで平手を押さえきれるか、まぁ、神経戦なんだろうけど
本山-0.4-平手-1.1-デュバル-1.1-ロッテラー-0.9-オリベイラ-0.4-横溝-0.6-小暮-0.6-松田
[8]
・平手、本山に迫る
・んー、さすがの次生もこの展開では上位進出は厳しいか
本山-1.0-平手-0.9-デュバル-1.1-ロッテラー-0.8-オリベイラ-0.2-横溝-0.7-小暮-0.6-松田
[7]
・横溝がオリベイラに迫る
・平手がファーステスト
本山-1.2-平手-0.9-デュバル-0.9-ロッテラー-0.5-オリベイラ-0.4-横溝-0.9-小暮-0.5-松田
[6]
・ロッテラー、オリベイラ、横溝が接近戦
・RACE1よりペースがいいね、路面温度が下がってるのかな?
本山-1.7-平手-0.8-デュバル-0.5-ロッテラー-0.6-オリベイラ-0.6-横溝-0.8-小暮-0.5-松田
[5]
・本山速い! 平手より0.8sec速い!
・次生は早い段階で小暮を攻略したい
本山-1.5-平手-0.9-デュバル-0.3-ロッテラー-0.5-オリベイラ-0.4-横溝-1.2-小暮-0.5-松田
[4]
・ロッテラーにオリベイラが迫る
・本山逃げるなぁ
・ロッテラーがデュバルとバトル
本山-0.7-平手-0.7-デュバル-0.4-ロッテラー-0.9-オリベイラ-0.8-横溝-1.1-小暮-0.3-松田
[3]
・本山最高のローリング再スタート
・本山、厳しい! うわー、平手には厳しい!!
・さー、本山守りきれるか?
・SC OUTです、再スタート
・あと、2周くらいはSCかな
[2]
・これは、平手が行くな、でもってデュバルは虎視眈々、ロッテラーが4番手まで来てるのもすごい
・ダンデライアンも2台消えています、松浦は立体交差下でマシンを止める
・んー、破片の量が半端じゃないなぁ、ちゃんと清掃をした方がいい気がする
本山–平手–デュバル–ロッテラー–オリベイラ–横溝–小暮–松田
[1]
・土屋が伊沢に突っ込んで、そこに井出が巻き込まれ、石浦もリタイヤ、4台が消えた
・SCです、
・これはレッドだろ、SCか、、、
・レッドフラッグではなく、イエローです
・ARTAの2台と
・大クラッシュ!!!

・さあ、スタートです20周
・そういえば、吉本って平中の替わりなんだよね、平中ってシート喪失?
・そして、ブノアが鬼になるよ確実に
・とりあえず、スタートで本山が前を押さえてくれないと面白くないなぁ。デュバルとか平手が一気に来るだろうけど
・フォーメーションラップスタートです
・でも、結局速いドライバーが、がんがんに抜いて行っちゃうんだろうなぁ
・個人的には、横溝とか初表彰台を目指してもらいたいドライバーも多い
・んー、陽は傾き始めてるけど、まだまだ暑そう
・リバースグリッドでのレースですね

2008 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第5戦鈴鹿ラウンド RACE 1 Race Live

カテゴリー: Formula NIPPON — Sei5.Hirota @ 13:01

・そして、レース2、これは見物だよ。本山がポールになるってのは、本当に盛り上がる要素が揃ってるって感じ。まー、次生がどこまで追い上げられるかがポイントだね20周で何台抜けるか、本命はデュバル、対抗小暮、穴オリベイラ、大穴次生、意外と次生が来ちゃうかもフツーに、、、
・次生、もうこれは今年は止められない、ロッテラーも虎視眈々なんだろうけどなぁ、小暮でも全く敵わない、、、
・次生圧勝、ロッテラー、小暮、オリベイラ、平手、デュバル、横溝、本山
・松浦、クインタレッリ、ストレイト、伊沢、荒、石浦、井出、土屋、立川、吉本、金石、トレルイエ
[30]
・オリベイラ小暮に迫る、ファイナルラップで攻めるか?
・次生、トップ独走でファイナルラップ
松田-16.1-ロッテラー-1.1-小暮-0.8-オリベイラ
[29]
松田-16.0-ロッテラー-0.8-小暮-1.3-オリベイラ
[28]
・松浦、本山を追うが、、、流石にキツイか
松田-15.3-ロッテラー-0.8-小暮-1.2-オリベイラ-4.5-平手-2.5-デュバル
[27]
・もう、次生の逃げは確定、2番手争いは今から動くか?
[26]
・ブノア、再びガレージイン
・さて、ロッテラーが逃げ始めた、小暮させるか?
松田-14.7-ロッテラー-1.0-小暮-1.2-オリベイラ-3.6-平手-2.2-デュバル
[25]
松田-15.1-ロッテラー-0.7-小暮-0.9-オリベイラ-3.6-平手-2.3-デュバル
[24]
・ブノア、ペース戻ったな、マシントラブルだったんだねぇ、
松田-14.9-ロッテラー-0.4-小暮-0.8-オリベイラ-3.6-平手-2.1-デュバル
[23]
・不気味な膠着状態
松田-14.3-ロッテラー-0.5-小暮-0.7-オリベイラ-3.9-平手-1.8-デュバル
[22]
・9番手松浦はペース的にきついなぁ、そして8番手本山は無理に横溝をせめないんじゃん
松田-14.0-ロッテラー-0.5-小暮-1.1-オリベイラ-3.8-平手-1.4-デュバル
[21]
・オリベイラが予想外に静か、、、不気味
松田-13.5-ロッテラー-0.6-小暮-1.2-オリベイラ-3.6-平手-1.4-デュバル
[20]
・こりゃ、残り5周で何かが起きるな
・小暮はペースコントロールだね
・平手はデュバルの攻めがキツイのかな?
松田-13.3-ロッテラー-0.7-小暮-1.3-オリベイラ-3.4-平手-1.2-デュバル
[19]
・んー、平手が離されてきたなぁ
松田-12.9-ロッテラー-0.6-小暮-1.2-オリベイラ-3.4-平手-0.5-デュバル
[18]
・おっと、金石復帰
・金石ガレージインだね
松田-12.5-ロッテラー-0.7-小暮-0.4-オリベイラ-4.3-平手
[17]
・2番手3番手がペースアップ
・松田、ペースを落としたね
・デュバル、攻める
[16]
・金石ピットイン、タイヤ交換
[15]
・デュバル、攻める、平手燃えるなぁ
・本山8番手、狙ってるのか??
・むー、金石残念無念
[14]
・ロッテラー2番手
・ああああ、金石スローダウン!!!!
・小暮、ロッテラーに迫るんだけどなぁ
・次生一人49秒台
松田-10.5-金石-0.7-ロッテラー-0.4-小暮-0.6-オリベイラ-0.7-平手
[13]
・S字でおいる?
・みんなペースが落ちてきたなぁ
・誰が攻める? 平手が行きそうな気がする
松田-9.8-金石-0.7-ロッテラー-0.2-小暮-0.6-オリベイラ-0.4-平手
[12]
・小暮攻めすぎだよロッテラーを
・んー、ブノアの不運が続くなぁ
・ブノア再度ピットイン、ダメだこりゃ
松田-8.6-金石-0.4-ロッテラー-0.4-小暮-0.5-オリベイラ-0.6-平手
[11]
・金石はペースセーブだな
・荒vs 井出、荒がずばっとさした逆バンク
松田-7.5-金石-0.7-ロッテラー-0.3-小暮-0.5-オリベイラ-0.7-平手
[10]
・これ、小暮後半ぐだぐだになるんじゃない?
・んー、次生逃げすぎだよ
松田-6.6-金石-1.0-ロッテラー-0.3-小暮-0.5-オリベイラ-0.7-平手
[9]
・小暮、ロッテラーを攻めるが攻略には至らない
・次生、ペース速すぎ、何か起きなければよいのだが
松田-5.2-金石-0.6-ロッテラー-0.4-小暮-0.6-オリベイラ-1.2-平手
[8]
・んー、西ストレートすごいな2番手争い、ロッテラーシケインで金石を攻める
・トップの次生は48秒台、それ以外はほとんど50秒台、次生異次元
・平手にデュバルが迫る!
松田-4.0-金石-0.5-ロッテラー-0.5-小暮-0.5-オリベイラ-0.5-平手
[7]
・これは完全に次生ショーだ
・ヘアピンからスプーン手前でぴったり
・小暮がロッテラーに仕掛ける!
松田-2.8-金石-0.4-ロッテラー-0.4-小暮-0.7-オリベイラ-0.7-平手
[6]
・トレルイエタイヤ交換だけで戻ります、周回遅れ寸前
・トレルイエ、ピットに戻る
松田-1.9-金石-0.4-ロッテラー-0.7-小暮-0.2-オリベイラ-0.6-平手
[5]
・次生激逃げ
・インパル帝国いきなり崩壊
・トレルイエマシンがおかしいか? スピードが乗らない、、、不運すぎる
・金石200Rでトレルイエをさす!
・トレルイエ一気に失速、後続がだんご
・1コーナー、インからトレルイエをずばっと抜き去る! むー、トレルイエー
トレルイエ-0.1-松田-0.4-金石-0.5-ロッテラー-0.5-小暮-0.9-平手
[4]
・次生、トレルイエの背後に迫り!
・石浦、コースアウトでブービーまで落ちたけど、ファーステストラップで激追い上げ
・だんごになってきたね、みんな仕掛けるタイミングをはかってるなぁ
トレルイエ-0.3-松田-0.4-金石-0.6-ロッテラー-0.4-小暮-0.7-平手-0.3-オリベイラ-0.3-デュバル
[3]
・松田、シケインで仕掛ける! もう仕掛けるか?
・オリベイラ、平手に迫る
・んー、インパル勢はしばらく仕掛けない気がする、後続を離してからだな
トレルイエ-0.4-松田-1.0-金石-0.3-ロッテラー-0.6-小暮-0.4-平手-0.5-オリベイラ-0.7-デュバル
[2]
・インパル勢激逃げ
・立川なぜかピットイン
・石浦コースオフ、何とか戻ります
トレルイエ-0.6-松田-1.0-金石-0.4-ロッテラー-0.5-小暮-0.9-平手-0.5-オリベイラ-0.4-デュバル
[1]
・ARTA伸びてるなぁ
・トレルイエ鬼逃げ、松田はぴったり
・本山とオリベイラ当たる! ヘアピン
・平手の背後に本山が迫る
・小暮スタートミス!
・次生スタートミスった! トレルイエトップ! 2番手松田、金石
・スタート!

・さて、スタートです
・暑い、、、タイヤは30周ならもつか、壊すドライバーも出そうだけど
・路面温度48度、気温33度、、、

2008-06-22

2008 AUTOBACS SUPER GT 第4戦 SUPER GT INTERNATIONAL SERIES MALAYSIA RACE LIVE

カテゴリー: SUPER GT — Sei5.Hirota @ 16:37

・そして300クラスの優勝77号車、山野・佐々木の最強コンビがついにインプレッサをポディウムの頂点に上げた、そして、77号車はここから本当の戦いが始まる。そう、チャンピオン争いという戦いが、、、

・やはりレース巧者の荒、きっちりとレース展開を読み切りすべきタイミングにすべきことをきっちりとこなした、本当に価値のある勝利だ
・24号車が戻ってきた、死闘を戦い抜いた荒に近藤監督が抱きつく、うれしい勝利だ。荒もオリベイラも笑顔が爆発だ!

・300クラスは、77号車、ついにAWDインプレッサが1勝目を上げた! 2番手46号車、3番手は死闘をくぐり抜け7号車がはいった!

・24号車、セパン2連勝!!! 2番手22号車、3番手18号車

・300クラス、3番手に上がった7号車に再び4号車が迫り、パス! 最後の最後まで死闘が繰り広げられそうだ
・300クラス、77号車は盤石。ついに、待ちに待った勝利は目前
・ファイナルラップ、24号車に隙はない

・柳田、マシンをダートに落とす、攻めの姿勢は緩めていない! さぁ、ラスト2周だ

・荒も逃げる、周回遅れが複雑に絡み合い難しい戦いになっている

・再び柳田が荒に迫る

・残り5周、24号車はトップを守りきることが出来るか

・22号車柳田のシフトミスか? 1コーナーで一気に22号車のインに入る
・24号車、1コーナーあけで22号車を一気にパス
・前半セクションは24号車が速く、後半は22号車が速い
[49]
・1号車ピットイン、、、、マシンをガレージに突っ込む、ホイールトラブル。右のリアホイールがゆるむ。再びコースに戻った
・これで、22号車vs24号車だ
・22-0.5sec-24
[48]
・1号車18号車にパスされる、タイヤがキツイ?
・伊沢一気にペースダウン! マシントラブルか? 18号車が背後に迫る
・22-0.3sec-24-12.0sec-1
[47]
・しかし、こうなってくると、周回遅れを如何にパスできるか、、、荒が有利か
・300クラスは7号車が4号車をパス3番手に上がった
・伊沢息切れか
・荒、じっくり迫る百戦錬磨
・22-0.3sec-24-6.4sec-1
[46]
・柳田、ワークスとして24号車に抜かれるわけにはいかない、意地だ
・22-0.5sec-24-6.0sec-1
[45]
・柳田、周回遅れのマシンに引っかかったのか
・24号車がワークス22号車に迫る! 残り10周!!!
・22-0.6sec-24-6.2sec-1
[44]
・32号車大火災!!! ピットに戻り、マシンwの消化、ドライバー降りた
・24号車22号車に急接近
・300クラスは3番手の4号車に7号車が迫る
・22号車に24号車が迫り始める、そして、そこに1号車が迫る
・22-3.7sec-24-3.8sec-1
[43]
・3号車と32号車が最終コーナーで接触
・22-4.5sec-24-4.2sec-1
[42]
・22-4.7sec-24-4.3sec-1
[40]
・伊沢脅威のペースだ
・22-4.7sec-24-4.2sec-1
[40]
・300クラスは77号車がトップ、2番手46号車までは6.7sec、3番手は2号車4番手4号車、7号車は5番手
・出来れば、24号車が22号車に捕まってからじっくり狙った方がよいだろう、ただ、今の1号車のペースをみれば、24号車22号車を2連発で抜き去ればよいだけか
・伊沢、鬼のペースアップ!!
・22-4.7sec-24-5.2sec-1
[39]
・22号車のペースが悪いので、24号車とバトルをしていると、1号車が追いつく、これは伊沢にも十分優勝のチャンスありだ
・22-3.8sec-24-8.9sec-1
[38]
・22号車に24号車が迫る、その差4.6sec差
[37]
・300クラストップの2号車がピットイン、95号車もピットへ
・伊沢が57秒台のタイムで猛追、レースは残り18周、24号車にどこまで迫ることが出来るか?
・伊沢、道上に激しく接近、そのまま1コーナーで18号車を一気にパス
[36]
・2号車95号車は未だピットインしていない
・2-95-77-46-4-7-31-43
・22号車のペース上がらない、24号車に6.9sec差
・22-24-18-1-25-100-17-3
[35]
・300は以前2号車がトップ、2番手には95号車
・1号車は18号車の後ろ4番手で復帰
・1号車ドライブスルーに入ります、これで22号車がトップ、どこに戻れるか1号車
[34]
・1号車にドライブスルーペナルティ
・心配されていた雨は今のところ大丈夫そうだ
[33]
・これで、1号車がトップに戻ります、2番手22号車との差は4sec差と急接近
・3号車ピットイン
[32]
・1号車と22号車のタイム差は8sec
[31]
・24号車もピットイン、そこまでスティントを伸ばしはしなかった、トップは3号車
・300クラスは2号車がトップ、こちらは長いスティントで間違いないだろう
[30]
・これは1号車にペナルティが下される可能性があるか、、、
・1号車4番手
・1コーナー後、1号車が22号車の脇腹を突いてしまった!
・ホームストレート、スリップだ!スリップについた!
[29]
・裏ストレート、22号車に追いつけるか!
・1号車22号車に急接近!!!!
・77号車ピットイン
・再び22号車に1号車が迫り始める、22号車は7番手
[28]
・6番手の17号車もピットイン、36号車も同時に
[27]
・300のトップ77号車は7号車に16.4sec差
・現在トップは24号車、昨年同様ファーストスティントをひっぱるか?
・4番手の18号車もピットイン、道上に変更、2本交換だ
[26]
・1号車手間取った! 22号車が前だ
・22号車は柳田に、1号車伊沢に
・さぁ、どうなる
[25]
・22号車、ピットイン! 1号車も同時だ!
・そろそろ、ピットインが始まるタイミング、お、22号車ピットが準備を始めた
・22号車と1号車の差は1.3sec
[24]
・22号車の前に35号車が、、、
・1号車1分57秒台! ファーマン渾身の走り!
[23]
・300クラス77号車が7号車に13.4sec差!盤石だ!
[22]
・35号車がピットイン
・どうやら300クラスのマシンが前に現れるタイミングでペースが不安定なようだ。しかし、500のトップ争いは1号車のペースがいい
・再び1号車が22号車に1.8secと迫る
[21]
・一方、300はトップの77号車が若干ペースを上げ、7号車との差を11.1secと広げる
・22号車と1号車の差は3.1sec、少し間隔が空いた
[19]
・500の4番手に浮上した18号車は3番手24号車より1sec速いペース
・300のトップ2は10secのタイム差だが、ペースはほぼ同等
・1号車さらに迫る、トップ22号車に1.7sec差!
[18]
・500のトップ22号車と1号車の差は2.4sec
[17]
・7号車が2号車をパス、2番手に浮上! 77号車との差は10sec
[16]
・18号車が17号車をパス、3番手に、一瞬の17号車の隙を突いた
[15]
・77号車は2号車に9sec差!
[14]
・18号車3番手の17号車に再び迫る、100号車は若干後退
[13]
・77号車2号車に5.7sec差
・7号車、4号車を抜き3番手に
[9]
・11号車にドライブスルー、19号車織戸はマシンを降りる
・100号車が5番手18号車を果敢に攻める
[8]
・110号車がストップ
[7]
・500が300に追いつき始めた
・4号車が2号車に迫る
[6]
・22号車と1号車の差は4秒、300クラスの77号車と2号車との差も4秒
・4番手17号車、以降18号車100号車とNSXが3台並ぶ
[5]
・トップ快走、ポールスタートの2台が順調に2番手に差を付けています
[4]
・36号車混乱を避け8番手までポジションアップ
・7号車、43号車をパス、そして、そのガライヤに31号車も迫る

・500:22-1-24-17 24号車17号車をパス
・7号車イケイケ、43号車にも迫ります

・12号車ピットイン、、、フロントノーズ破損? ボンネットを開けています
・31号車が5番手、それに迫る7号車

・300は4号車がガライヤをパス3番手に、2番手は2号車
・12号車最後尾?

・300もフェラーリとISが絡んだ! これはやばい、77号車完全独走
・32号車はスピン、最後尾へ
・300はいきなり77号車ぶっちぎり
・1コーナー、クルム、ファーマンと並ぶ


・隊列を整え、ローリングスタート
・フォーメーションラップスタート
・1min前です
・300クラスのマシンは穴だらけだねぇ、、、
・さて、チームスタッフがコースから出ます
・ペトロナス、地元なんだけど流石にキツイかなぁ、、、開幕からきっちりといい走りをしているのでなんとかいいところを見せて欲しいものだけど、、、
・マッチ監督、路面温度が上がればチャンスありとか、、、雨にならないといいね
・雨の可能性は十分ありそう
・気温29℃、路面温度40℃、曇り時々陽がさす

・ぼちぼち、グリッドウォーク終了かな
・グランドスタンドいっぱいだね
・しかし、孝太はアストンマーチンCUPで2連勝、、、すごいな。って、アストンマーチンのワンメイクレース自体もすごいんだけど、、、
・どちらにしても、孝太も山野もここは得意にしているサーキットだけに十分期待できるでしょう
・んー、山野いい色だなぁ
・300クラスに関しては、もはや77号車には勝利以外あり得ない状況、異次元のラップタイムでぶっちぎるでしょう(途中、一旦転けると勝手に踏んでますが、、、)
・でもって、見所は500のGT-R vs NSXの戦い、各所でバトルが見ることができるでしょう
・GT300についても、ポールの77号車が一旦順位を落とすも雨で抜きまくって優勝と予想
・GT500に関しては22号車のぶっちぎりと予想
・かなり、不安定な天候の予感「

次ページへ »

HTML convert time: 0.703 sec. Powered by WordPress ME